HAPPANO STORE

 

葉っぱの坑夫は2001年より、さまざまな形態で本を出版してきました。現在はオフセット印刷によるアートブックと、Amazonで印刷するペーパーバック、Kindle本を中心に展開しています。すべての本がAmazonで購入できます。「葉っぱの坑夫で購入」とあるものはこちらでもお買い求めいただけます。

Steve Reich store サムネイル.jpeg
スティーヴ・ライヒ 
二つのインタビュー
ペイパーバック版 | Kindle版(Amazon)

インタビュアー:ブルース・ダフィー
ゲスト:スティーヴ・ライヒ

 

ミニマル・ミュージックの第一人者とされるアメリカの作曲家、スティーヴ・ライヒ。シカゴのラジオ局Classical 97のブロードキャスター、ブルース・ダフィーが1985年と1995年の2回にわたって行なったライヒのロング・インタビューをここに収録します。(1回目:約33000字、2回目:約20000字)

2019年8月刊 本の詳細を見る

wani cover-store.jpg
ワニ戦争
POD絵本(Amazon)

文:オラシオ・キローガ
絵:ミヤギユカリ

 

オラシオ・キローガ原作の『ワニ戦争』を絵本化した作品です。ミヤギユカリが新たに絵を描きおろし、デザイナーの角谷慶が大胆な配色でビビッドな絵本に仕立てました。物語、絵、デザインの相乗効果が作品をより広い地平へと導き、見て読んで楽しめる刺激に満ちた1冊になりました。

2018年11月刊 本の詳細を見る

DISPO cover-store.jpg
ディスポ人間
Disposable People
ペイパーバック版 | Kindle版(Amazon)

著者:エゼケル・アラン
訳者:だいこく かずえ

 

4歳の頃から、両親はときどきぼくを家からしめだすようになった。1970 年代のことで、家といっても、一間だけの「家みたいな」ものでしかなくて、両親と兄とぼくでそこに暮らしてた。妹たちはまだ生まれてなかったけど、ママとパパは家をなんとかしようと、しょっちゅう手を入れていた(第1章 「私有財産」より)。

2018年10月刊 本の詳細を見る

南米ジャングル童話集
ペイパーバック版 | Kindle版(Amazon)

著者:オラシオ・キローガ、絵:ミヤギユカリ
訳者:だいこく かずえ

 

南米アルゼンチンの奥地、ミシオネス州のジャングルを舞台にした童話集です。ハナグマ、カピバラ、コアリクイ、オオアルマジロ、コロコロ、ドラドなど南米原産の野生動物が、楽しくにぎやかに登場します。またシカやオウム、ミツバチ、ワニなど誰もがよく知る動物たちも主役として活躍します。2017年8月刊 本の詳細を見る

イルカ日誌
バハマの海でマダライルカたちと25年
ペイパーバック版 | Kindle版(Amazon)

著者:デニース・ハージング
訳者:だいこく かずえ

 

12歳のときにジャック・クストーのドキュメンタリー番組を見て、この生きものに魅了され、将来イルカの研究者になろうと決心した著者が、やがて海洋生物学者となってバハマの海へと旅立ち、そこでイルカたちのコミュニティを間近に観察した25年間の記録を綴ったものです。2016年11月刊 本の詳細を見る

レプブリカとグラウの交差点:南米新世代作家コンピレーション(1)
レプブリカとグラウの交差点
南米新世代作家コンピレーション(1)
 
 
ペイパーバック| Kindle版(Amazon)

著者:リカルド・リジエス、フェデリコ・ファルコ、アンドレス・レッシア・コリノ、 ダニエル・アラルコン、アンドレス・フェリペ・ソラーノ
訳者:だいこく かずえ

 

マルケスやボルヘスの孫の世代にあたる、1970年代~1990年代生まれの南米の作家たち。イギリスの文芸誌GRANTAや、NEW YORKERに掲載された短編小説などを収録!

114ページ、12.7×20.3cm、2015年4月刊 本の詳細を見る

クエルボ兄弟
南米新世代作家コンピレーション(2)
 
 
ペイパーバック| Kindle版(Amazon)
著者:フェデリコ・ファルコ、ルイサ・ガイスラー、ファビアン・カサス、カローラ・サアヴェドラ、アンドレス・フェリペ・ソラーノ
訳者:だいこくかずえ

 

「レプブリカとグラウの交差点」につづく南米の若手作家を集めた短編小説集。あまり例のない画期的な文学選集です。

134ページ、12.7×20.3cm、2015年4月刊 本の詳細を見る

Akazukin
AKAZUKIN
 
葉っぱの坑夫で購入 | Amazonで購入

絵:ミヤギユカリ、デザイン:服部一成

 

原画と同じサイズの絵が、見開きページで次々に繰り広げられる迫力のアート絵本です。餌を求めて森をさまようオオカミ、遠吠えを野山にひびかせるオオカミと、オオカミが生き生きと描かれているのが魅力のひとつです。スイスのNievesとの共同出版。

Rabbit and Turtle
 
葉っぱの坑夫で購入 | Amazonで購入

絵:ミヤギユカリ、デザイン:有山達也

 

だれもが知るイソップのお話をベースにしながら、ミヤギユカリが自由に想像力をはばたかせて、エナジーあふれる線とビビッドな色彩で32ページを描きつづった、不思議で可笑しいウサギとカメの世界です。スイスのNievesとの共同出版。

Line:それでも花は咲き今年も蝶がきてくれた
 
葉っぱの坑夫で購入 | Amazonで購入

絵:ミヤギユカリ

 

2011年の大震災による原発事故のショックから、絵を描くことの意味を見いだせなくなった著者が、一本の線を描くことからまた歩きはじめた。ペーパバック版とKindle版があります。English

 

Sleeping Village:眠る村
 
葉っぱの坑夫で購入 | Amazonで購入

絵:ラグナール・ペルソン、デザイン:宮川隆

 

スウェーデンのアーティスト、ラグナール・ペルソンのドローイング集です。作者の生まれ育った、眠ったような極北の村の風景と人が描かれています。著者撮影の小さなモノクロ写真集付き。English.

たった一つの、私のものではない名前
 
葉っぱの坑夫で購入 | Amazonで購入

テキスト:温又柔(おん・ゆうじゅう)

 

小説「好去好来歌」で2009年、すばる文学賞佳作を受賞した温又柔のデビュー前のミニ・エッセイ集。言葉について、日本語について、母語について、名前や国語について綴っている。

動物の森 1999 - 2001
Inhabitants of the North Woods
 
ペイパーバック版 | Kindle版(Amazon)

テキスト:大竹英洋

 

アカリス、オジロジカ、カワウソ、キツツキ、ライチョウ、ハチドリ….、写真家・大竹英洋がノースウッズの森に住んでいたときに出会った生きものたちについて、詩のような短文でつづった文集です。日本語、英語

空から火の玉が・・・
南スーダンのロストボーイズ 1987 - 2001
 
ペイパーバック版 | Kindle版

テキスト:ベンソン・デン、アレフォンシオン・デン、ベンジャミン・アジャク

 

20年に渡る内戦の中、たくさんの小さな子どもたちが、親と別れわかれになって難民となり、集団でアフリカの大地を逃げ歩きました。この本の著者ベンソン、アレフォ、ベンジャミンの三人は、その厳しい逃避行をなんとか生き延びた奇跡の生存者たちです。

私たちみんなが探してるゴロツキ
 
ペイパーバック版 | Kindle版

テキスト:レイ・ティ・イェイム・トゥイ、日本語訳:だいこくかずえ

 

ベトナム出身の作家による自伝的小説。1978年、一人の少女が、ベトナム南部の村を小さな漁船に乗って離れた。サイゴン陥落から三年後のことだった。難民となった少女は、シンガポールを経てアメリカに渡る。

ニューヨーク、アパアト暮らし
<ニューヨーク詩人による英語俳句集>
 
ペイパーバック版 | Kindle版

テキスト:ポール・メナ

 

アメリカ人詩人の俳句集(英語、日本語訳)。テネメント(借家のアパート)の向こうにみえる、ニューヨークの風景や日常を、軽やかに、ときにシニカルに切りとって描写した三十九句。この新版では9.11以降に書かれた俳句を一句追加。

ステップ・イントゥ・スカイ
<ミズーリ詩人による英語俳句集>
 
ペイパーバック版 | 葉っぱの坑夫で購入

テキスト:ジョン・サンドバック

 

アメリカ中部、ミズーリ州に住む詩人が、森や、雲や、川や、カラスや、月や、雨や、水晶をうたって、不思議なあじわいのハイク集をつくりました。空、雲、天と地、森、洞窟、水、鉱物、雨などミズーリの風物が通奏低音のように作品世界を循環している。

ぼくのほっぺのちいさなあざ
The little mark on my cheek
 
葉っぱの坑夫で購入 | amazonで購入

写真:アリ・マルコポロス、テキスト:だいこくかずえ

 

ほっぺにあざのある「ぼく」と「おじいちゃん」が、南の国へ旅に出る。そこには同じようにほっぺにあざのある人たちが暮らしていた。この旅をつうじて「ぼく」は考える。世界とはどんなところなのか。

青い鳥の尻尾
青い鳥の尻尾
 
葉っぱの坑夫で購入 | Amazonで購入

テキスト:ニイ・アイクエイ・パークス

 

2010年度のコモンウェルス賞最終候補作品となった、ガーナの作家ニイ・パークスのデビュー小説。何百年にも渡って変わることのないガーナ奥地の村ソノクロム、そこで起きた奇妙な事件。ミステリーと昔語りのストーリーテリングの交錯が読者を引き込む。

一枡のなかで踊れば
<パラグアイ作家によるスペイン語俳句集>
 
ペイパーバック版 | Kindle版

テキスト:ハビエル・ビベロス

 

古今東西の文学に親しみ、星空のもと詩を読み、愛する女性への想いで胸を焦がし、故郷の大豆畑の風景に心和ませる。南米に暮らす心熱き若者の姿が浮かぶ、そして現代パラグアイの日常が生き生きと映し出された100句。スペイン語、グアラニー語、日本語訳

シカ星
アメリカ・インディアンはうたう
 
葉っぱの坑夫で購入 | Amazonで購入

テキスト:メアリー・オースティン
絵:ミヤギユカリ、日本語訳:だいこくかずえ、デザイン:宮川隆

 

夏の夜あけ、東の空低いところにあらわれる「シリウス」の名で知られる明るい星の物語。赤い線だけのドローイングとパイユートの詩が溶けあう、一枚絵による蛇腹本。

MOYAYAMA ぼくのほらあな​
ロシア語ハイク日記
 
葉っぱの坑夫で購入

テキスト:アレクセイ・V・アンドレイエフ、日本語訳:だいこくかずえ

 

23才のロシア人の男の子がアメリカに住んで、アメリカについてアメリカ人について感じたこと、好きな女の子への気持ち、旅をしたり絵を描いたりの日常、遠くはなれた故郷への想いなどを二年間にわたって綴った、異文化体験ルポルタージュ的ハイク集。

糸ごよみ
1800年代、二人のヤカマ・インディアン女性の記録
 
葉っぱの坑夫で購入 | amazonで購入

テキスト:ポール・ブルック、絵:そめや まゆみ、日本語訳:だいこくかずえ

 

結びこぶ、ビーズ、より糸といったコ・イス(素材)を使って紡がれた紐(ひも)の日記帳。ひとつひとつのコ・イスはその年のある一日の出来事や思い出を記します。1600個の玉飾り、10メートルをこえる糸ごよみの物語。

Town Dream Dream Town
ミヤギユカリの壁画アート
 
 
葉っぱの坑夫で購入 | amazonで購入

壁画の絵:ミヤギユカリ、写真:田中均明

 

この写真集は、町の中にあらわれたミヤギユカリさんの素晴らしい壁画を本にして残したい、という気持ちから生まれました。ドローイングと町の風景が出会い、絵の世界と現実の境界線が消えて、すべてがフィクションのようにも見えます。English

籠女
子どものための風変わりなストーリーテリング集
 
葉っぱの坑夫で購入 | amazonで購入

テキスト:メアリー・オースティン、日本語訳:だいこくかずえ+ジェフ・ブラワー

 

子どものためのお話し集として書かれたもので、インディアンの籠女が、白人の少年アランにパイユートに伝わる小さな物語を聞かせます。コヨーテ、銀モミ、氷河、オオツノヒツジ、女の服を着た男などをめぐる不思議なお話しが全部で14編入っています。

ミヤギユカリ・ビニールサイフ
 
 
葉っぱの坑夫で購入

絵:ミヤギユカリ

 

ロスアンジェルス発のインディーズ・アートグッズ「poketo」の日本人アーティストシリーズの一つ。発売元はイッツアビューティフルデイ。

Chronicles Vol.1 (売切)
Kim Gordon
 
葉っぱの坑夫で購入

写真:Richard Kern, Tabitha Haggerty, Rob von Furth, etc.

 

スイスのインディペンデント出版社Nievesのアートブック。Kim Gordonの若いころからの写真を断片的に集めたファン・ジンのようなラフな手触りの本。

ミヤギユカリ・トートバッグ
 
 
葉っぱの坑夫で購入

絵:ミヤギユカリ

 

AKAZUKINの本の出版時に制作した布製のトートバッグ。AKAZUKINとオオカミの2種類あります。

TONKORI
OKI
 
葉っぱの坑夫で購入

トンコリ:オキ

 

CD:カラフト・アイヌの弦楽器トンコリ奏者オキのユニークなアルバム。アイヌ音楽のレーベル「チカルスタジオ」より発売。