H a p p a n o U p d a t e s - No.188

December 15, 2017

■ ディスポ人間/Disposable People
 第20章 ゴキブリサイズの人生
 ​​第21章 断片をつなぎ合わせる
 第22章 ママの微笑み
​ 第23章 マーティンと兄さん
​​ 第24章 ビヨンセとぼくがいっしょにいないわけ
 エゼケル・アラン 著
 だいこくかずえ 訳
--------------------------------------------------------------
http://www.happano.org/dispo-20

 

エゼケル・アランはジャマイカの作家。1970年生まれ。デビュー小説『Disposable People』で2013年度のコモンウェルス新人文学賞(カリビアン地区)を受賞。職業はビジネス・コンサルタント。

 

第21章「断片をつなぎ合わせる」より
コンゴに滞在しているとき、ここの山に登って、自分の規範を書くべきだ、という考えが浮かんできた。瞑想をし、それを書き留め、その規範を世界と共有するのだ。その教えはぼくの生き方を示し、何故ぼくが仲間の男やその妻を、何故『ロー・アンド・オーダー』を愛するのかを説明する。
(中略)
追伸:
コンゴには一度も行ったことがない。何が起きるかなと思って言ってみただけ。ウソをつくとこてんぱんにされる、と牧師が言ってたから、ときどき試してみるんだ。
(2008年5月、日記帳より)

 

この章はある牧師についての話です。村にあるペンテコステ派の教会にやって来た、赤いホンダアコードに乗るシャレ男の新任牧師。沈下地区のケニーたちはメソジストで、ペンテコステ派を悪魔の崇拝者と呼んでいます。でも子どもたちは、この牧師からこっそり、アイスキャンディーを買ってもらったりしていました。その牧師が何をしたか、ケニーは起きたことをつなぎ合わせて推測します。この小説では、キリスト教や牧師のこと、聖書の一節などが、地元特産の迷信やダピー(邪悪な霊)、オベアマン(呪術師)とともよく登場します。二つの世界は問題なく共存しているように見えます。主人公のケニーはどれもを信じたり恐れたりしているようでいて、同時に疑いと皮肉を込めた発言もしています。下の下の沈下地区育ちのケニーにとって、聖なるものが存在するかどうかは、人生最大の疑問だったようです。


happano journal 活動日誌 (11.17、12.1)
http://happano.blogspot.jp/

 

11.17:「人種」などないとしたら、民族はどうか?
12.01:文章の質について考えてみた

たいていの人は、何らかの立ち場にたっていたり、無意識のうちにも何かを支持していたりするものです。その自分の立ち位置をどれだけ客観的に見ているか、意識しているか、が文章を書くときの公平性につながり、さらには文章の質に影響するのではということに気づきました。


Web Press 葉っぱの坑夫/エディター大黒和恵/editor@happano.org

 

*Happano Updates(更新情報)をメールで受信ご希望の方はこちらから。

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事
最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square