H a p p a - n o - K o f u

葉っぱの坑夫 | Happano for mobile

Web Press 葉っぱの坑夫

葉っぱの坑夫は非営利のウェブパブリッシャー&翻訳プロジェクト。2000年より日本語、英語両テキストで創作&翻訳作品を公開してきました。

Happa-no-Kofu, a non-profit web publisher & translation project, has published both Japanese and English literary works since 2000.

メヒス・ヘインサー
[エストニア] 短編小説集

旅人のシアワセ

小説家の想像力とはこんな風に働くのか、、、。南からの強い風に乗ってやって来た「旅人のシアワセ」は、あくびをしていた中年男の口の中に落ち、そこで過ごした後また空に舞いあがると、ツバメに虫と間違われて飲み込まれ、今度はツバメとして空を飛び、その糞となって落とされた後は、、、と楽しくも奇妙な体験をつづけます。

予告

2021年8月末より連載!

 

モーリスとラヴェル

フランスの作曲家、モーリス・ラヴェル。その卓越した音楽的才能と、内気で風変わりだけれど茶目っ気もある人間性、知られざる生き方を三つの異なるコンテンツで体験します。

ファンタジー小説『小さなラヴェルの小さな物語』

評伝『モーリス・ラヴェルの生涯』、

手紙・文章・インタビュー『わたしはラヴェル』

今月のピックアップ

Choice of the Month

葉っぱの坑夫の新旧作品のリストです。このページに、旧サイトのトップページへのリンクもあります。2000年創設以来のすべての作品がご覧になれます。

Here is the list of the selected works both new and old titles of ours, and you can visit the old top-page from the link above, where you can read all the works since 2000 when we started.

HAPPANO STORE

Paper book & e-book

2001年より、ウェブで作品を公開する以外に、パッケージとしての本もつくってきました。オンデマンド印刷によるモノクロの小さな本、オフセット&カラーのアートブック、手作りのzine、POD、e-bookなどがあります。

 

We have been publishing "printed" books more than web contnets since 2001. Now we have art books, zines, POD books and e-books. 

最近思ったこと、考えたこと(旧Journal)

7.16/21  こぼれ落ちた声を聴く:情報の海の外へ

 

 

ノンフィクション作家・上原善広さんの『四国辺土記』の連載を読み始めました。noteで先月スタートしたもので、有料(1回分100円)です。上原さんの本はこれまでに何冊か読んできて、どこかフィーリング的に合うな、と思ってきました。最初に読んだのは『被差別の食卓』という本で....

Last updated on 28 July 2021