top of page

H a p p a - n o - K o f u

葉っぱの坑夫 | Happano for mobile

Web Press 葉っぱの坑夫

葉っぱの坑夫は非営利のウェブパブリッシャー&翻訳プロジェクト。2000年より日本語、英語両テキストで創作&翻訳作品を公開してきました。

Happa-no-Kofu, a non-profit web publisher & translation project, has published both Japanese and English literary works since 2000.

​葉っぱの坑夫の新刊
作曲する女たち:20世紀アメリカを駆け抜けた10人 マデリーン・ゴス、ブルース・ダフィー著

作曲する女たち kindle cover 0412S.jpeg

女性×作曲をテーマに、19世紀生まれ、20世紀生まれの作曲家のキャリアの軌跡と思想を一人一人追っていったもので、19世紀、20世紀、それぞれ5人ずつ計10人を評伝とインタビュー、二つの形式により紹介しています。

​葉っぱの坑夫の新刊

トーマス・ニペルナーティ 7つの旅

アウグス・ガイリ著 だいこくかずえ訳

520p ニペルナーティcover 4.10 small.jpeg

エストニアの作家、アウグス・ガイリの長編小説です。全7話から成り、一つ一つの話は読み切りの短編連作のスタイル。

著者のアウグス・ガイリは、エストニアを代表する後期ロマン主義の作家。リガでジャーナリストとなった後、従軍記者を務める。

【新世代作家が描く小説のいま】

0.スミマセン

1.娘たちよ、われらの手で(ナイジェリア)

2024.5.28スタート

アフリカ新世代作家の作品集がスタートしました。ナイジェリア、ガーナ、ウガンダ、南アフリカ、カメルーン、ザンビア、ケニアに在住の、若手作家を中心にした英語作品を翻訳して紹介します。チアヌ・アチェベの孫世代、子供世代はいま何を、どう書いているか、どうぞお楽しみください。

​全9回連載を予定。

HAPPANO STORE

Paper book & e-book

最近思ったこと、考えたこと(旧Journal)

6.20/24 日本の小説が英語小説になるとき

葉っぱの坑夫の新旧作品のリストです。このページに、旧サイトのトップページへのリンクもあります。2000年創設以来のすべての作品がご覧になれます。

Here is the list of the selected works both new and old titles of ours, and you can visit the old top-page from the link above, where you can read all the works since 2000 when we started.

2001年より、ウェブで作品を公開する以外に、パッケージとしての本もつくってきました。オンデマンド印刷によるモノクロの小さな本、オフセット&カラーのアートブック、手作りのzine、POD、e-bookなどがあります。

 

We have been publishing "printed" books more than web contnets since 2001. Now we have art books, zines, POD books and e-books. 

前回、英文テキストの段落はなぜあんなに長いのか、について書いたとき、最後のところで日本の小説にも段落の長いものがあった、と書きました。小山田浩子さんの小説『穴』だったり『工場』だったりで、その流れで各小説の詳しい解説が英語版ウィキペディアの項目にあることを....

Last updated on 30 May 2024

bottom of page