Onondage Cave, photo by Timothy K Hamilton, CC BY-NC-ND 2.0

​ミズーリ州には6000を超える洞窟がある。

HAIKU、俳句、ハイク(3)

森、川、雲、月、雨。ミズーリ州の自然をうたう

ジョン・サンドバック

新月

細く 鋭い

ガラスの 破片

 

new moon

thin and sharp

as broken glass

メロン

割られる 前の

暗黒

 

melon

before it is opened

full of darkness

鮮やかな 緑苔

木を 這う

トカゲの心 かくして

 

acid green lichen

on the tree

lizard spirits hiding

 

雪上で

星つぶに 変わる

on the snow

the moon

becomes stars

とどろく 雷鳴

巨大な

夜の 洞窟に

thunder echoing

through night's

vast cave

 

河のながれ

空を はこぶ

地を おおいながら

 

river

carrying sky

over earth

 

うずきながら きしみながら

草色ヘビ

身をほどく 春

 

with aches and creaks

the grass-green snake

of spring uncoils

 

湖の皮膚の下に

大宇宙

両の星 つなぐ

beneath lake's skin

space

from between the stars

 

海原の 声に

月 渇きを 覚える

 

ocean's voice

making moon thirsty

 

秋の 夕暮れ

森は

嵩を 増していく

 

autumn dusk

the forest getting

larger and larger

 

フトンを かがる

夕雨が 降りつづく

 

sewing the torn futon

the evening rain keeps falling

夕ぐれに とける

黒い 動脈

空を 飲む木

 

haw at dusk

tree's black arteries

drink the sky

 

冬の 灰色

どこもを

どこでもない場所にしてしまう

 

winter gray

turning someplace

into nowhere

冬の 日暮れ

ロウソクに 火をともす

闇が 濃くなる

winter dusk

lighting the candles

creates more gloom

夏の森

あまりの 静けさに

クモの音楽 聞きとる

summer woods

so still I can hear

the spider's music

ジョン・サンドバック『ステップ・イントゥ・スカイ』(ウェブ版)より

PODブック『ステップ・イントゥ・スカイ』(2012年新版)

 

ジョン・サンドバック

サンフランシスコ生まれ。生後18ヶ月のときミズーリ州カンサス市に移る。子ども時代にはピアノを弾くことが何よりも好きで、特にバッハの音楽に惹かれた。ミズーリ大学で美術史を専攻。占星術やカラー・セラピーなどの著書が複数あり、プロフェッショナルとして占星術やセラピーの仕事をしている。詩を読み、書くことを愛し、中でも日本の詩に惹かれている。