木坂涼の詩

Ryo Kisaka Poetry

 

英訳詩 / English translation from the Japanese

2001 - 2011

1:00 P.M.

Translated by Ruth E. Foley and Kazue Daikoku

 

This poem was written about the time when the author studied abroad, in the United States. After English class she(the author) talked with her classmate, Doumbia under the tree. Each one speaks of her hometown. The original text of this poem is written in Japanese, but actually these two women had to speak in English, which is not their mother tongue. So the translation into English brings back their original conversation. 

 

 

Theater

Translated by Ruth E. Foley and Kazue Daikoku

 

Like '1:00 P.M.' this poem is written about the time when the author lived in New York City. It is also about her grandmother in Japan. Two places intersect, connected by aged women both in NYC and Japan, with desolation and pain in the author's mind. The translators, Ruth and Kazue, talked much about aged people in their own country and felt many cultural differences between the two when they were translating this poem. 

 

1:00 PM

 

アメリカに留学していたときのことを描いた詩です。ニューヨーク市立図書館の木陰で、英語のレッスンのあと、まだ知り合って間もないと思われるクラスメート二人が話をしています。多分ポツリポツリとかわされたであろう英語での会話。それぞれの故郷のこと、家族のこと。この詩は日本語で書かれたものですが、実際の会話は英語でなされていたはず。英語への翻訳は、どんな会話がそこで行き交ったのだろうかと想像して復元する作業のようでもありました。

シアター

 

この詩も作者がニューヨークに住んでいたとき出会ったことを題材にしています。そして日本に住むお祖母さんのことを思って書いた詩でもあります。二つの場所は、それぞれに住む年老いた女たちをつうじて交差します。著書の心の中で、ある痛みの感情をともなって。訳者二人はこの詩の翻訳中に、それぞれの国における老人たちの暮らしぶりや家族関係、アメリカと日本の違いと共通点についていろいろ話をしました。

 

Ryo Kisaka is a poet who lives in Tokyo. She self-published her first book, and her second poetry book was awarded the Hanatsubaki Contemporary Poetry Prize in Japan.  She continues writing poems and publishing poetry books, and writes essays, children's stories and translates a lot of picture books into Japanese.
木坂涼は東京在住の詩人。大学卒業時に、最初の詩集『じかんはじぶんを』(1981年)を自費出版する。第二詩集『ツッツッと』(1986年)で現代詩花椿賞を、1996年出版の『金色の網』で芸術選奨文部大臣新人賞を受賞。詩集やエッセイ集を出版し、創作絵本や絵本の翻訳も多数手がけている。

Seven pieces of “One Day”

Translated by Alex Jones and Kazue Daikoku

 

Seven pieces of poems are excerpted from a collection of 48 poems starting with "One Day." One day you buy something, one day you bathe a cat, one day you climb a tree with your lover.  You may be asked the way here and there one day, you may be in zoo one day in Paris or Memphis or Taipei or  Ueno.  One day can be the day you were born or you left your parents house. Each one day is seemingly small thing, but you will have a bird's-eye view of how people are living on earth when you read through all the poems.

「ある日」より七篇

 

「ある日」という始まりで書き綴られた48篇の詩集から選んだ7篇です。場所も変われば時代も違う、たくさんの「ある日」の集まり。買いものもすれば、猫を風呂にも入れる、恋人と木登りすることもあれば、引っ越しもする、道をよく訊かれるし、動物園ならパリ、メンフィス、台北、上野とさまざま。生まれた日、家を出た日、子ども時代のある日のこともある。一つ一つは大声で言うほどのないことも、たくさんの「ある日」を一度に見渡せば、人が生きる風景の広がりがよく見えてくるのが不思議です。