シアター / Theater

木坂涼 | Ryo Kisaka

白人のおばあさんが

席まで案内してくれた。

七十歳くらいだろうか

白い衿の制服を着ている。

耳に

銀のピアス。

プログラムを差し出す手には

青い石の指輪。

受け取ると

ひんやりとかさついた体温が触れてきた。

ひとり暮らしの老人が多いマンハッタン。

彼女もまた

独り住んでいるのだろうか この

世界の観光地に。

舞台がはじまるまで

制服のおばあさんを見ていた。

 

ブロードウェイから

セブンス・アヴェニューを抜けるバス。

乗りこむと

おばあさんがふたり

並んでいた。

ふたつ目のバス停でまた

杖をついたおばあさんがのってきた。

夜の零時に近い

タイムズ・スクェアを背に。

 

ハガキでいいから

大きな字で

それに絵を

書き添えてあげると喜ぶ。

母からの手紙にそうあった。

十人の仲間と

おとなしい園児のように

タンバリンをたたいていたという祖母。

東松山ホーム

ぼたんの部屋で

ぽつんと

イスからベッドへ運ばれるのをまっている 祖母を

アクセサリーで飾ってあげたい。

 

老いたわたしを

その日は

どこへすわらせるつもりか。

シアターの帰りには

まっすぐに前方を

見ていた。

 

 

 

「木坂涼詩集」(現代詩文庫150/思潮社)より

 

 

A white old lady

Led me to my seat.

She was about seventy years old or so,

Wearing a uniform with a white collar,

And silver pierced earrings

On her ears.

A blue stone ring

On her finger whose hand gives me a program.

When I received it,

Her cold roughness touched me.

Manhattan, where many aged people live alone.

Does she also

Live alone in this

Giant tourist attraction?

I watched the uniformed old lady

Until the play began.

 

From Broadway

The bus passes through Seventh Avenue.

When I got on the bus

Two old ladies were sitting

side by side.

At the second bus stop

Another old lady got on leaning on a stick.

Times Square at nearly twelve o'clock

At her back.

 

Even a postcard,

If you write her in large letters

And add a drawing on it,

Lets her be glad.

My mother's letter read so.

With her ten colleagues, It says,

My grandmother had played a tambourine

Like a docile kindergarten child.

In Peony Room,

Higashimatsuyama Nursery Home,

My grandmother

Is waiting alone for the time

To be carried to the bed from the chair.

I'd like to adorn her with accessories.

 

Where will that day

Let an aged me sit?

On my way home from the theater

I looked straight

Ahead.

 

 

From “The Complete Poems of Ryo Kisaka” published in 1997 by Shichosha