1:00 PM

木坂涼 | Ryo Kisaka

ニューヨークの

市立図書館の木陰で

クラスメイトのドゥンビアと

並んですわった。

 

わたしはノートに

日本の家の間取りを

描(か)いた。

 

ここが父の部屋。

ここは母の部屋。

 

父の部屋には

両手をひろげた父を描き

母にはスカートをはかせた。

 

以前は

わたしの部屋だったのよ。

 

子供が家を出てはじめて

母親は自分の部屋が持てる。

住宅事情だけでなく

日本の

おんなの姿が

この話にはまざりあっているけれど

今日

スクールで習った

例題に似た英語のセンテンスを使うことで

ふたりは

顔を見合わせて

笑う。

笑うところまで

すすむ。

 

いま 日本は深夜

父と母は眠っているだろう。

小さな見取り図の家をふせると

つぎは

ドゥンビアが

陽差しの強いアフリカのはなしを

はじめた。

 

 

 

「木坂涼詩集」(現代詩文庫150/思潮社)より

 

Under the tree at the city library

in New York,

I sat down with

my classmate, Doumbia.

 

I drew

a map of my Japanese house

in my notebook.

 

This is my father's room.

This is my mother's room.

 

In my father's room

I drew my father spreading out his arms,

and I put a skirt on my mother.

 

Once

this was my room.

 

A mother cannot have her private room

until her child leaves home.

(Japanese housing,

Japanese women.

Both are tangled, constrained.)

As I used the sample expression

which we learned at the English class

today,

we laughed

looking at

each other.

We have come to this point

laughing together.

 

Now it is midnight in Japan.

My father and mother should be sleeping.

I laid the small house face down,

then

Doumbia

began to talk about

strong sunshine, Africa.

 

 

 

 

From “The Complete Poems of Ryo Kisaka” published in 1997 by Shichosha