Photo by Lamsus Crusoe, CC BY-NC 2.0

HAIKU、俳句、ハイク(1)

ロシアの詩人のアメリカ留学時の俳句日記

アレクセイ・アンドレイエフ

バスで ゆく
けしきは 映画
とめないで!


long ride on the bus
world outside like a film
don't stop, bus

雨を はさんで 黄しんごう
夜が あけるまで
見つめあう


till sunrise
two yellow traffic lights
through the curtains of rain

春の朝
ながしで はずした
きみの時計


spring morning -
your little watch
left on the edge of the sink

 

 

 

 

飛行機で
レモンを想う
離陸中


the plane is taking off -
I'm thinking about lemons

 

 

 

 

初めての 雪ひらひら!
ああ、いいなあ、ってなごり惜しむ
だって昼には溶けちゃうから


first snowflakes!
I love them too much to think
they'll melt by noon

 

 

 

 

暖かかった3月に
突然の雪。今日
英語はしゃべりたくない


sudden snow
during warm March: today
I won't speak English

ひどいニュースを見てて

のどにグッと

熱いミルクをやきつける

 

watching deadly news

I drink hot milk, impressed by

my sore throat

 

24才の誕生日
ブランコに すわって
風に ゆられてる



24th birthday:
sitting on the swing,
swinging with the wind

 

 

 

 

自由の女神
アイスクリームをさしだす
ヘリコプターに向かって


Statue of Liberty
offers an ice cream
to a helicopter

受話器にあてた ぼくの耳
呼びだし音の あい間に
雨ガエルの声



with the receiver near
my ear: between long beeps -
a treefrog

小さな電話帳
電話ボックスのそばの 雪の中
落とした、それとも捨てた?



a pocket phone book
in the snow by the phone booth
lost or thrown?

アレクセイ・アンドレイエフ「ロシア語ハイク日記:ぼくのほらあな」(2002年)より

 

アレクセイ・アンドレイエフ

1971年、ロシア北西部ノブゴロドに生まれる。レニングラード州立大学で応用数学を学ぶ。コンピューター・サイエンスと並行して、詩作にも興味を持ち続けてきた。アメリカに留学して1年後、テレビのコマーシャルやソープオペラでマスターした英語で、詩を書き始める。