Pigeon Morning, photo by ZeroOne, CC BY-SA 2.0

HAIKU、俳句、ハイク(2)

アメリカの詩人によるニューヨークの日々の風景

ポール・デイヴィッド・メナ

夜あけの ソーホー

ハトの王国

夕べの ざんがい

 

Soho sunrise:

pigeons reign

over unswept streets

イースト・ニューヨークの朝

お日さまと サルサが

ぼくの へやに ながれこむ

 

East New York morning:

sunshine and salsa

flood my apartment

タクシーで

消されてしまった

好きな うた

 

the taxi driver

turns off

my favorite song

 

風 かわる

うら階段

ピザの においが チャーメンに

on the fire escape

the breeze shifts direction

from pizza to chow mein

突風ひとつ

きのうの見出しが

飛びさる 街かど

a sudden gust -

yesterday's headline

crosses the street

 

トランププラザの

影に

ダンボールハウス

 

in the shadow

of Trump Plaza

a cardboard house

 

やさしい 風と あるく 道

わたるたび

みどりの 信号 合図する

 

gentle sidewalk breeze

every time

the light turns green

 

セミたちも

鳴きごえ とめる

消防車

even the cicadas

stop

for the fire truck

 

ニュースを 聞くたび

生きてることに

感謝する

 

listening to the News

I feel guilty

for being alive

 

アダルト系本屋さん

で、ホッとひと息

教会の われ鐘から のがれて

 

adult book store

a refuge

from church bells

 

夜ふけの ペン・ステーション

ひびきわたる足音 影さえも

 

Pen Station after midnight:

even the shadows have echoes

ひと またたき

ひと すじ 読む

ネオンの ひらめきの下

 

reading

under the flashing neon light

one line at a time

 

とりのがす

終電の駅 思い

会社に とどまる

 

having missed

the last train

fear keeps me company

ポンと あいた まるい穴

ソーホーの 夜に

こはくの 月 のぼる

punching a hole

through the Soho night -

amber moon

ポール・ディヴィッド・メナ「ニューヨーク、アパアト暮らし」(2001年、2012年新版)より

 

ポール・ディヴィッド・メナ

ニューヨークのロックヴィルセンターで生まれ、子供時代をロングアイランド郊外で過ごす。高校時代から詩を書いていた。ハイク・アンソロジーの本と出会い、俳句という簡潔にして厳格な様式に惹かれるようになる。以来、俳句を書いて日刊紙や雑誌で発表してきた。「ニューヨーク、アパアト暮らし」(原題:tenement landscapes)は1995年に出版された最初の詩集である。