世界消息:そのときわたしは

地球のどこかで起きたこと、起きていることを、その場所から記者や作家、学者、写真家たちが自分の言葉で伝えます。

1984年:シーク虐殺から30年

ガウリ・ギル(Gauri Gill)

 

この作品について

 

インドの写真家ガウリ・ギルのノートブック「1984年」は、1984年にニューデリーで起きたシーク教徒虐殺を扱った自主制作本です。虐殺にあった被害者の残された家族たちなどを取材しています。写真は2005年、2009年、2014年にガウリ・ギルが撮ったもので、添えられているテキストは、写真とともにニュース雑誌などに掲載されたものと、作家、詩人、映像作家など35人のアーティストから寄せられたもので構成されています。

 

作者のガウリ・ギルはこのノートブックをPDFで制作し、自身のサイトで無料配布しています。読んだ人がダウンロードし、プリント&製本して、興味のある人に手渡してくれることを想定しているようです。

 

日本の読者のために、この事件の背景についてこちらのページに簡単な概要を書きました。本を開く前にざっと目を通していただくと、より理解しやすいと思います。

 

日本語版「1984年」(PDF:22.6MB)ダウンロード

*ダウンロードに時間がかかる場合があります。メニューが表示されたら完了です。保存や印刷もできます。

英語版:ガウリ・ギルのサイトからダウンロードできます