イルカ日誌

バハマの海でマダライルカたちと25年

デニース・ハージング著 ・ だいこくかずえ訳

もくじ

まえがき クリスティン・ジョンソン 

 

はじめに


第1章 前期 出会い(1985~1991年)
最初の交流:未来への視野

 

    1.イルカとの最初の出会い:関係を築くこと

      1985年以前 はじまり
      1985年 最初の出会い
      1986年 しるし、きず、なづけ


    2.理解すること:イルカの行動とコミュニケーション

      1987年 コミュニケーションの判読
      1988年 遠泳実験
   

    3.海のいのちの真実

      1989年 野生イルカのプロジェクト誕生
      1990年 映像班とイルカ
      1991年 ローズモールの出産

 

第2章 中期 観察(1992~1996年)
信号解読:行動の意味をさぐる

 

    4.見えてきたイルカ社会

      1992年 仲間、女の子、遊び
      1993年 成長するイルカ

 

    5.マダライルカとハンドウイルカの異種間交流

      1994年 スタビーの復讐


    6.ひと息いれる

      1995年 浅瀬にいる他の生きものたち
      1996年 境界を超える

   

第3章 後期 理解(1997〜2008年)
野生のイルカとの双方向コミュニケーション:可能だろうか?

    

    7.双方向プロジェクトはじまる:フェーズ2

      1997年 ヒトとイルカのコミュニケーション
      1998年 スカーフ泥棒、カーロウ
      1999年 キーボードとコミュニケーション


    8.前進

      2000年 ラナイを失う
      2001年 音の社会
      2002年~2003年 バハマでの冬の調査
      2004年 スタートから20年


    9.3世代:祖母たち、祖父たち

      2004年〜2006年 ハリケーン地獄:フランシス、ジーン、ウィルマ
      2007年~2008年 危機にさらされて生きること
      未来:彼らの世界で、彼らの望むやり方で


謝辞      

 

バハマのイルカたち(写真)

イルカたちの家族(ファミリーツリー)

 

訳者あとがき