リーフマイナーとは?

 

葉っぱの坑夫(leaf-miner)というのは、葉っぱの中に住んで食料を得ている虫の幼虫のことです。葉っぱに穴をあけたり、白くて細いくねくねしたトンネル道を掘ったり、茶や白のシミをつけたりします。

 

ある日、わたしは家の近くを散歩していて、小さな穴のいっぱいあいたレースのような葉っぱを見つけました。そばには、ニョロニョロした白い線がついた葉っぱもありました。とてもきれいでした。これがリーフマイナーの仕事だと知ったのは、あとになってからです。

 

そのときひらめきました。このリーフマイナー(葉っぱの坑夫)の名を新しく始めるサイト名にいただこう。葉の生い茂った一本の木が、わたしたちの社会をおおっているマスメディアの世界だとしたら、葉っぱの坑夫は、このリーフマイナーのような存在になりたい。リーフマイナーが葉っぱにトンネルを掘ったりレース模様をつくったりするように、小さい力ながら、この世界に楽しいアイディアを提供したり、表にあまり出てこないもう一つの価値観をみつけて、光をあてる活動をしたい。

 

だから葉っぱの坑夫は、ユニークで意欲あふれる自立した人たちやその仕事と、たくさん出会いたいと思っています。有名無名にとらわれず、またそれが世の中のおおかたの価値観と一致していなくても、見つけた面白いもの素晴らしものを共有し、一緒に表現していけたらと考えています。

 

 

What is a leaf miner?

 

The leaf miner is an insect larva (caterpillar, beetle and weevil larvae etc.) that lives and feeds within a leaf. They burrow or tunnel thin, winding and whitish trails into the leaf, or make whitish or brownish blotches on it.

 

One day when I was taking a walk near my house, I found leaves which had lots of small round holes on them like lace. And one another leaf had a winding whitish trail on it. It was very beautiful to me. Later I knew these were leaf-miners' works.

 

An idea just occurred to me.  Can I give its name, leaf miner (happa-no-kofu in Japanese), to our new website?  If a big leafy tree represents the mass media, with it's enormous influence on people's thought, then the leaf miner is the individual whose ideas present little known alternative aspects of our society.  I thought it’s a good name for us, suitable for our conception.

 

"Happa-no-kofu" would like to meet individual talented and unique persons whose works are not well known, or misunderstood in our society, and would like to create something good together on the web.

  

Photo by Scot Nelson

Taken on May 30, 2014, Fairbanks, Alaska

Creative Commons

 

 
トップページへ