Elephant Stories

サンクチュアリに住むゾウたちの物語

<コラム>

 

ハロウィーンの日のゾウたち

サンクチュアリーのゾウたちは、支援者たちからの寄付金で、バラエティ豊かな食料を日々食べることができています。草地を歩きながら餌探しをする以外に、干し草や農産物、栄養サプリメントなどが世話係の手で与えられています。ゾウたちはそれぞれ好みの食べものがありますが、パンプキンはどのゾウにも好まれているようです。そしてパンプキンと言えばハロウィーン。

*写真は2014年、2015年のハロウィーンに撮影されたものです。

パンプキンに様々な詰め物をしたハロウィーン特性の食事。ゾウたちが探し出して食べます。

ゾウたちは季節のご馳走として、パンプキンをはじめ新鮮な農産物をたっぷり楽しみます。パンプキンの食べ方にもそれぞれ個性が見られます。

タンジは一口でパンプキンを口に入れて食べるのが好き。

フローラは鼻でまず触って、それを食べやすいように潰します。

Q エリアでパンプキンを楽しむロニー。

ミニーもまずパンプキンを潰してから食べます。

ロニーとミニー

ビリー

シャーリー

タラ

フローラ

ハドリ